資本主義の終焉と歴史の危機

水野 和夫(著)「資本主義の終焉と歴史の危機」 (集英社新書)

資本主義の生成、拡大、危機を迎えるに至ったメカニズムを、16世紀以来の世界史的視点と融合させて解き明かした書。
「投資しても利潤の出ない」時代を迎え、「成長」志向は解決策にならないという。
実に幅広い分野を含んだテーマであるが、文章は分かりやすく読みやすい。
ビジネス書として好評であるが、500年に一度の大転換期に生きるすべての人にとっての必読書といえる。

コメントを残す