経営戦略,マーケティング,IT活用のトータルコンサルタント アオヌマ経営情報研究所 青沼泰彦


トップページ
プロフィール
プライバシーポリシー
経営用語集
読書への旅
サイトマップ

経営用語集【ブルー・オーシャン戦略】


ブルー・オーシャン戦略
W.C.キムとR.モボルニュは,「ブルー・オーシャン戦略」(2005年)のなかで,
「競争のない市場空間を生み出して,競争を無意味にする」
「買い手に対していまだかつてない価値を提供しつつ,利益の上がるビジネスモデルを構築することによって,既存市場の境界を再定義する」
という新しい戦略論を提唱した.

「ブルー・オーシャン戦略」では,限られたパイをできるだけ多く奪い取ろうとして競争が激しさを極め利益や成長の見通しが厳しい既存の市場を「レッド・オーシャン」(赤い海)と呼び,いまだ生まれていない未知の市場で競争のルールも決まっていないため利益の伸びが期待できる市場を「ブルー・オーシャン」(青い海)と表現している.

表1 レッド・オーシャン戦略とブルー・オーシャン戦略の比較
レッド・オーシャン戦略(競争戦略)
ブルー・オーシャン戦略
・既存の市場空間での競争
・競争のない市場空間を創造
・競争相手を打ち負かす
・競争を無意味にする
・既存の需要を搾り取る
・新しい需要を創造し獲得する
・価値と価格のトレードオフ
・価値と価格のトレードオフを打ち破る
・差別化かローコストかの戦略的選択に従い,企業活動のすべてのシステムを整える
・差別化とローコストをともに追及するため,企業活動のすべてのシステムを整える

ブルー・オーシャン戦略では,基本的な枠組みとして「価値の革新」,「戦略キャンパス」,「4つのアクション」などの考え方が提唱されている.
・価値の革新
ブルー・オーシャン戦略の価値の核心とは,「差別化とローコストの同時追求」であり,買い手と企業の双方の価値の飛躍を作り出すものである.
・戦略キャンバス
自社と他社の競争要因と,買い手が受け取る価値のレベルをグラフ化したのが「戦略キャンバス」.
市場における競争要因や提供している価値の相違を視覚化することができる.
・4つのアクション
買い手にとっての新たな価値を作り出すための4つの視点
「取り除く」:業界が長く競い合ってきた要因のなかで,取り除くべきものは何か
「減らす」:業界の標準よりも減らすべき要因は何か
「増やす」:業界の標準よりも増やすべき要因は何か
「付け加える」:業界が提案したことがない要因で,つくり出すべきものは何か

ブルー・オーシャン戦略の事例として,
日本の低価格・短時間のヘアカット専門店「QBハウス」や,
人間のパフォーマンスが中心で動物の曲芸がないカナダのサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」
などが取り上げられている.

【活用方法】


アイ・エヌ・エフ・オー・アットマーク・エー・オー・エヌ・ユー・エム・エー・ドット・エヌ・イー・ティー