経営戦略,マーケティング,IT活用のトータルコンサルタント アオヌマ経営情報研究所 青沼泰彦


トップページ
プロフィール
プライバシーポリシー
経営用語集
読書への旅
サイトマップ

経営用語集【TOWSマトリクス】


TOWSマトリクス

ハインツ・ワイリックが1982年に提唱したもので、SWOT分析の「強み」「弱み」「機会」「脅威」を組み合わせることで,戦略案を考え出す手法.
(同様の手法は,「クロスSWOT分析」と呼ばれる)

【分析方法】
SWOT分析で企業の内部環境の「強み」と「弱み」,外部環境の「機会」と「脅威」を整理する.
「強み」と「機会」/「脅威」,「弱み」と「機会」/「脅威」の項目を組み合わせ,戦略案を考える.

・「強み(Strength)」と「機会(Opportunity)」(SO戦略)
強みを活かして機会を捉える戦略(拡大強化戦略)
・「強み(Strength)」と「脅威(Threat)」(ST戦略)
強みを活かして脅威に対処する戦略(差別化戦略)
・「弱み(Weakness)」と「機会(Opportunity)」(WO戦略)
弱みを補完して機会を活かす方策(補完戦略)
・「弱み(Weakness)」と「脅威(Threat)」(WT戦略)
最悪の事態を回避する戦略(回避戦略)

TOWSマトリクスは戦略案を立案する際の枠組み(フレームワーク)であり、自動的に戦略が抽出される訳ではない.
SWOTの要素を機械的に組み合わるのではなく,意味のある戦略要素を考えることが重要である.

表1 TOWSマトリクス
内部環境
------
外部環境
強み
(Strength)
弱み
(Weakness)
機会
(Opportunity)
SO戦略
・強みを活かして機会を捉える
WO戦略
・弱みを補完して機会を活かす
脅威
(Threat)
ST戦略
・強みを活かして脅威に対処する
WT戦略
・最悪の事態を回避する

【活用方法】
・SWOT分析に基づく戦略案を立案する
・戦略案のアイデアを広げる


アイ・エヌ・エフ・オー・アットマーク・エー・オー・エヌ・ユー・エム・エー・ドット・エヌ・イー・ティー